一般社団法人 MAKOTO(マコト)

ニュース

2012.07.07

【7/7】グロービス経営大学院の「 あすか会議2012 」へ各人が登壇

グロービス経営大学院が年に一度行っている「 あすか会議 」にて、代表の竹井をはじめ、佐田、小尾がそれぞれお話しさせて頂きました。

あすか会議とは・・・ http://mba.globis.ac.jp/style/asuka.html

★ その1>分科会 @竹井

代表理事の竹井智宏が、7月7日に行われた分科会のパネリストを務めました。動画もあるのでご覧くださいませ。

【 芳賀正彦氏×竹井智宏氏×鈴木賢治氏 東北復興から再生へ ~日本人は何を学び、再創造するのか~-With Project KIBOW- 】

<動画> http://globis.tv/movie/?e=958

★ その2>Leaders Discussion @佐田

佐田浩太郎( 2011年度あすか会議 委員長 )が、7月7日の Leaders Discussion にて登壇致しました。

【 社会を動かす力 ~不特定多数を動かすリーダーシップのあり方を考える~ 】

<内容>
企業という枠組みを離れ、年齢・経験・価値観や思惑などが異なる組織や、不特定多数の集合体である「社会」にフォーカスした時、私たちひとり一人が影響力を与え、物事を実現していくにはどのようにしていけば良いのか。国内外多数の方々が参加した「ふくしま会議」の実現、そして「東北復興」への関わりを踏まえて、特に社会問題の解決に向けて私たちがリーダーとしての自覚を持ち、何をどう実現していけるのか、皆様と議論したいと思います。

★ その3>パワーモーニング @小尾・佐田

小尾勝吉および佐田浩太郎が、7月8日の パワーモーニング にて朝食を食べながらのフリーディスカッションイベントを実施致しました。

【 被災地一画をシリコンバレー化する!~集まれ未来の起業家~ 】

<内容>
東日本大震災から早1年、瓦礫が端によせられただけで何も変わっていない状況が多数あり、失業者は15万人とも言われています。しかし、被災地には志を持った起業家が多く生まれ、日本各地から同志が集まっています。私達はここから新しい東北・日本経済を担う起業家が生まれると確信しています。歴史をひも解いてみても、第二次世界大戦後の復興からはソニー、阪神大震災後には楽天が生まれています。復興を加速させる力はヒト(起業家)の力だと信じています。

今年度、国から約30億の予算が付き被災地で起業家600人を輩出するというプロジェクトが始まります。起業をお考えの方、すでに起業されている方は是非ご参加ください!

以上です。

★ 全体プログラム →
http://on.fb.me/Sn36ei

PAGETOP